代表メッセージ

大志

2024.6.1

一番いいのを頼む」 これが私たちのモットーです。

いいシステムとは何でしょうか。それは、遅延が少なく、停止せず、動作が軽快なシステムです。
そのためには、高速なコンピュータと強靭なインフラが必要です。

私たちはそのために電柱を借り、建設現場に赴き、コンクリートにアンカーを打ち込み、空中にも地中にも光ファイバを用意しました。サーバラックを譲り受けてはデータセンタを設置してみたりもしました。私たちは札幌で最も良い品質のシステム開発基盤を有していると思います。

最高のシステムを目指しているがゆえ、あれこれ手を出している様に見えるのでしょう。よく「本業に専念しては?」とか「強みは?」などと言われます。数本の木だけを見れば確かにそうかもしれませんが、森を見ればまた違う景色が見えてきます。私たちは実のところ、仕事を通して快適な環境を作り、住みよい街を創るという大志を共にしており、お客様から満点を頂くために必要な強いこだわりを持っています。

私たちが言う「住みよい街」というのは何も札幌市の事だけではありません。日本中、そして海を越えた世界中すべてです。日本という国は、少子高齢化でオワコンなどと言われていますが、世界を見渡せばトヨタも、ソニーも、ニンテンドーもみんなあちこちで使われています。本当はこの国を創ってきた製造業は着実に伸びています。この国の力を高め、私たちがもっと豊かな暮らしを享受するためには、さらに電気を起こし、食料の生産効率を高め、工事の技術水準を上げて、生活のコストをもっと下げることが欠かせません。そのためには私たちが一生懸命に働き、機械と情報テクノロジーの力で物理的な課題を解決していく必要があります。

私たちの目標は、お客様に何十倍、何百倍も高い品質や生産性と素晴らしい体験をご提供することです。地球上からあらゆる単調作業を取り除き、機械の力によって全てのお客様の日々をユニークで掛け替えのないものにします。私たちは変わり者と言われても、言われ続けても、めげず一番いい仕事を目指し、お客様が快適な空間で過ごせるように働いて参りたいと考えています。

Q Enterprise Systems株式会社
代表取締役 松浦求磨

TOP
TOP